MENU

 学生時代は、生活費とか遊ぶお金が欲しかったこともあったから、援助交際で気軽にセックスを楽しんでいました。
年齢的にも売り手市場だったこともあって、すぐに相手を見つける事が出来て、短時間で気軽にお金を手にすることが出来ていたんです。
1日に3人ぐらいの男性とセックスして、6万円ぐらい儲けることだって出来ました。
学生の頃は時間もあったから、それこそ財布の中身が寂しくなったらインターネットで相手を見つけては、ホテルで楽しんでいたんです。
元々セックスは大好きだったし、彼氏がいても援助交際で別の男性と肉体関係を楽しんだりもしていました。
そんな経験を持っている事から、今度は援助交際よりもさらにグレードの高い、愛人という関係でパパ探しをしてみようかって気持ちが出てきていました。
援助交際の様に毎回相手を探す必要も無くて、継続した関係だったら毎月まとまったお手当を支給して貰うことが出来ます。
それに貰うお金だって、援助交際よりも全然いいし、さらにここのところ恋人作ってなかったから、オチンチンも恋しくなっていたし、今の私にはすべて良い事尽くめに感じてしまいました。
20代後半ですけど、中年のお金持ちの男性にしてみたら、きっと若い女性って思って貰えると思って、相手を見つけるのは絶対に難しいものじゃないって思いました。
インターネット検索して見ると、パパ募集が可能な掲示板を見つける事が出来て、これ使ったらすぐに助けてくれる人見つけられそうだって思えたんです。
登録とかしなくてもいいから面倒臭くなかったし、気軽に相手募集をしていく事が出来そうでした。
早速、掲示板を使って助けてくれる優しくてお金をいっぱい持っている男性探しを開始していきました。
掲示板はとても賑わっていて、男女の書き込みでとても華やかなものになっていました。